ホーム>ブログ>2014年1月

2014年1月

神経痛の患者様の施術を続けています

先々週から神経痛が強い患者様の施術に伺っています。

初期に比べて痛みはやや軽減されたようですが、まだ症状は残っています。

しびれが減ってダルさが増えたとのこと、徐々に快方へ向かっていると考えられます。様子をみながら施術を続けていきたいです。

冷えの改善にはびわ温熱療法がオススメです

今日は満月です。帰り道の車から月が見えました。

月の満ち欠けがあるように、人の体調にも波があります。満月の日は出産する方が多いというように、引力の影響も多少はあるのかもしれません。

以前、小笠原諸島の父島へ旅行したとき、たまたま満月の日に海岸を散歩したら、ウミガメが海からあがってきました。

そのまま砂浜を歩いて行ったウミガメは、満月の明かりのさす闇の中で、砂浜の砂をほり、しばらくしたら産卵をし始めたのです。目の前のできごとに感動しました。

 

小笠原の写真

街のすぐそばの海岸で、ウミガメを見ることができました。

父島で撮影した写真です。

女性は特に、1か月の間でも体調変化が大きいので、身体の気の流れを整える時間が大切です。気分がイライラするときには鍼を使った施術でリラックスしたりするのもオススメです。

また、冷えの改善や生理不順には、びわの葉温熱療法を使うことがあります。冬は特に、身体を冷やさないように気を付けましょう。

温かい食べ物で栄養をとって体調維持

今日は一段と冷えますね。

藤沢では雪は降らずにすみました。いざというときの往診のためにスタッドレスタイヤを使っていますが、雪が降らない方が良いです・・

先日植えたばかりのスナップエンドウですが、成長が早くて、すでに10センチ以上に伸びました。室内に置いているので、ぐんぐん成長します。

プランタに植え替えました。

スナップエンドウのプランタへの植え替え

寒い夜には温かい食べ物で身体の中から温めるとよいです。

我が家は昨日ポトフだったのですが、今夜は残ったポトフにシチューのルーとお肉を加えて、ビーフシチューでした。

私のブログは食べ物の記事が多いように思いますが、身体を作るのは毎日の食事です。食事に気を付けることで、疲れや風邪も予防できるので、これからも気になるポイントなど、書いていきたいです。

まだ寒さは続きます。しっかりと栄養と睡眠をとって、体調維持をしていきましょう。

新成人の皆様、おめでとうございます

今日は成人の日ですね。

新成人の皆様、おめでとうございます。

今年は藤沢はお天気の心配もないようで、晴れ着姿の方も過ごしやすいかと思います。

私はすでに、2度目の成人式の年齢です。

体調管理しながら年を重ねていきたいです。

先日植えた、スナップエンドウの種が芽をだしました。

しばらくしたらプランターに植え替えて、苗として家庭菜園に移植予定です。

スナップエンドウの芽.JPG

 

赤外線治療と施術室のご紹介

西岡治療院(藤沢市大鋸2-2-22青木ビル1階B号室)は店舗オープンの準備中ですが、今日は施術室をご紹介します。

木目調をベースとした、壁で区切られた個室タイプの施術室と、カーテンで区切られた施術室があります。
スペースは広めにとってあります。

施術室1.JPG

壁で区切られた個室タイプの施術室です。

施術室2.JPG

カーテンで区切られた施術室です。

症状にあわせて、こりや痛みの解消のために赤外線治療を行うことがあります。
赤外線治療器は可動式なので、必要な箇所への施術ができます。

また、西岡治療院には持ち運び可能な赤外線治療器もありますので、往診で赤外線治療を受けていただくこともできます。

突然の寝違えの痛み、往診いたします

朝起きたときに急な痛みが走ってしまって、首がまわらない、少し動かしただけで激痛がするといったのが、寝違えの症状です。

振り向くことができず、車の運転が危険になってしまったり、不自然な姿勢しかとれなかったりして、ぎっくり腰同様、急な症状に、外出が困難になることもあります。

西岡治療院では、ご自宅に伺って痛みをやわらげる施術を行わせていただきます。

急な痛みでお困りの際はご相談ください。

フリーダイヤル:0120-857-522

往診可能地域

神奈川県藤沢市・茅ヶ崎市・綾瀬市・大和市南部・横浜市の一部(戸塚区・泉区・瀬谷区)
このほかの地区でも可能な場合があります。ご相談ください。

パソコンやスマートホンの利用が増えて、ずっと画面を見る姿勢でいることによって、首への負担が大きくなってしまいます。日ごろの負担が大きいと、寝違えが起きやすくなってしまうことが考えられるので、意識して一定時間ごとに休みをとりましょう。

 

 

神経痛の方の治療をしています

いま、神経痛を抱えていらっしゃる患者様に、びわの葉温熱療法と、高周波電気治療を組み合わせた施術を行っております。

まだ初回を終えたばかりで、次回は来週伺う予定です。1週間後の様子に注目したいです。

【温熱療法】自家製のびわの葉エキス

西岡治療院で「びわの葉 温熱療法」に用いているびわの葉エキスは自家製です。びわの葉も自家栽培のものを使っています。

今日はびわの葉エキスの作成過程をご紹介します。

 

ビワの葉のサムネイル画像

無水エタノール7に対して、精製水3を混ぜた液体500mlと、びわの葉7~10枚を用意します。

びわの葉をはさみで細かく切って、液体のボトルに入れます。冷蔵庫などの冷暗所に5日間ほど保存します。

できあがりのサムネイル画像

びわの葉のエキスが液体に充満して、液全体が鮮やかな緑色になったら完成です。これを茶こしなどでこして、冷暗所で保存して使います。

自家製のびわの葉エキスはなんといっても、新鮮で、鮮やかな緑色というのがポイントです。

温熱療法で熱を加えながらびわの葉エキスを身体に浸透させます。びわの柔らかい香りが心地よく、眠ってしまわれる方もいらっしゃいます。

旬の野菜、大根を収穫しました

 

大根のサムネイル画像

10月なかばに種蒔きした、大根の収穫をしました。

往診先に農家の方がいらっしゃるので、いろいろアドバイスをいただいています。

自分で育てた旬の野菜を収穫できるのは畑仕事の楽しみです。

今日はこの大根を使った大根おろしをかけて、ブリをいただきました。甘い大根でとてもおいしかったです。

 

食事のはじめはサラダにしています

今日が2014年の仕事はじめという方が多いのではないでしょうか。

みなさま、お疲れさまでした。

私も今日から仕事はじめでした。

お正月の料理は生野菜が少ないので、ビタミンが不足しがちです。風邪の予防のためにも、しっかり野菜をとりたいですね。

 

サラダ

私は毎朝サラダを最初に食べています。

食事のはじめにサラダを食べると、いきなり血糖値が急に上がるのを防ぐことができるそうです。

サラダを食べると空腹感も満たされて、一気にたくさん食べなくなる気もします。

自分で作った野菜も食べられるように家庭菜園も楽しんでいきたいです。