ホーム>ブログ>2016年4月

2016年4月

リウマチでは関節に負担をかけないようにします

リウマチ

リウマチを抱える方の場合、少しの動作で痛みや熱感が出てしまい、とてもつらい症状と対面することがしばしばあります。

また、よく寝られないこともあります。

私が担当している患者さんは、医療機関でのリウマチに対する治療を継続しながら、西岡治療院でのケアを受けていらっしゃいます。

リウマチのケースの場合、外来よりも往診でのご依頼が多いです。

ご自宅や介護施設に往診させていただいています。

関節を動かした時にギシギシという音とともに痛みを発してしまうという症状の場合、車椅子からベッドへの移乗の時や、体位変換の時に関節に負担をかけないようにすることが求められます。

リウマチの場合の施術ですが、肩関節の場合にはローテーターカフといわれる肩甲骨から上腕部の肩寄りのところに筋肉や、広背筋、腹筋に対して持続的な刺激を続けます。

寝違えで首が動かしにくい場合の施術

寝違い

寝違い(寝違え)やしつこい肩こりの痛みがあるとき、ついつい、痛みのある場所をほぐしてもらったり、そこに鍼灸の施術を受けたくなったりしがちです。

しかし、痛みのある場所に施術を受ければ改善するとは限りません。

寝違えで首が動きにくい場合ですが、前後の屈曲(曲げ伸ばし動作)、側屈(横に曲げる動作)、回旋(左右に振り向く動作)など、どういったときに痛みが出るかはケースによって異なります。

どの筋肉が障害されているかによって、痛みが出る動作がかわってきます。

僧帽筋

筋肉に痛みが出ると、可動域の制限が出てしまいます。

可動域の制限の種類、すなわち、どこが動かしにくいかによって、施術のアプローチの仕方は変わってきます。

僧帽筋(そうぼうきん)や菱形筋(りょうけいきん)など、首を支える筋肉は肩甲骨に付着しています。(左の図は僧帽筋です)

首と肩甲骨はまさに密接関係といえます。  

ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)といわれる筋肉は、肩甲骨から始まって、上腕部の肩寄りのところにくっついています。

このローテーターカフといわれる部分、要は肩甲骨周りを緩めていかないと、ほかの筋肉が緩むことができません。

そのため、ローテーターカフの緊張を緩和することが、首や肩の痛みの軽減に必須だと考えています。

首の可動域の制限と肩・首の痛み

可動域の制限とは?

首の痛み
肩や首の痛み背中の張りがあるといった場合、
ほとんどのケースで可動域の制限がみられます。

可動域とは、身体の各関節が無理なく運動することができる範囲(角度)のことです。

たとえば、腕をあげたり、顔を横に向けたりするときに
痛みが走って制限がかかってしまうというのが、可動域の制限です。
 
 
 
原因としては、頚椎ヘルニアやストレートネックなど、頚椎の状態に起因する痛みが多いです。

特にここ10年くらいは、首の可動域の制限による痛みを訴える患者さんが多いです。 

パソコンやスマートホンの長時間利用といった生活スタイルの変化も影響しているものと考えられます。

 

筋肉の緊張の偏りを整えることからはじめます

西岡治療院では、頚椎の矯正をすることを第一の目標とするのではなく、
頚椎を支える筋肉の緊張の偏りを整えることからはじめます。
 
筋肉の緊張の偏りを整えたあと、頚椎に柔軟性をあたえて、
痛みによる可動域制限を改善していきます。
 
これにより、指先の痺れや冷感の緩和にもつながります。
 
痛かった動作がその場で改善できることを目標に、施術をおこなっています。

骨盤の仙腸関節を調整したら肩こり、頭痛が改善?

筋肉は協力調整しています

目薬をさす時の絵

目薬をさすときに、目を大きく開くと口もあいてしまう、ということがありませんか?

目を開く筋肉と、口の開く筋肉は直接はつながっていないのですが、協力調整しあっています。

そのため、目を開く筋肉を動かそうとすると、口を開く筋肉も一緒に動いてしまうことがあります。

このように、筋肉はバランスをとりながら、調整しています。

仙腸関節のバランスが肩こりや頭痛の原因?

骨盤は、大きくわけると、仙骨・腸骨・坐骨・恥骨で形成されています。

仙骨と腰骨(腸骨)の関節を仙腸関節といいます。

骨盤は、膀胱(ぼうこう)や子宮などの大切な臓器のうつわになっていて、
上半身と下半身のバランスを調整する場所でもあります。

その骨盤のなかで調整する役割を担っているのが、仙腸関節です。 

つい、20~30年前は、仙腸関節は動かない関節と言われていたことがあります。
しかし実際はほんの少し動くことで上半身と下半身のバランスを調整しています。
 
この調整がうまくいかずに、調整しきれなかったときに、腰の周囲に痛みが出ることがあります。
 
しかしこの調整がうまくいかなかったときの影響は、実は腰だけではなく、
肩の痛みや頭痛としてあらわれることがあります。
 
筋肉がバランスをとろうと調整するために、腰の筋肉だけでなく、
肩や頭にまで影響が出てしまうのです。
 
そのため、仙腸関節に施術をすることで、肩の痛みや頭痛などの改善につながることがあります。

腰の中心部の痛みや脊柱の関節痛の緩和

  • 腰の中心部の痛み

  • 脊柱の関節痛

  • 背中から腰へとかわるところ(腰椎第1部)からウエストラインまでの
    腰の筋肉の重だるい痛み鈍痛)または鋭い痛み
腰の痛み

 西岡治療院では、腰の痛みに関するご相談を受けることが多いです。

たとえば、寝返りや前屈み(まえかがみ)や腰を後ろにそるなどで、

アタタタッbearingとなるような痛みがあるという患者様が来院されることがあります。

また、左右のお尻に挟まれた中央の硬い部分の骨(仙骨)と、腰骨(腸骨)のくっつくところや、

お尻の真ん中の内側部分の痛みのように、ウエストラインから下の範囲での痛みがあって、  

座ったり、歩いたりすると痛いという患者様もいらっしゃいます。

 

こういったケースでは、痛みの原因とされる筋肉の緊張を緩めることで、

痛みの緩和confidentがみられます。
 
 

筋肉は関節を動かすためについているものが大半で、

関節を跨いでいることが多いのですが、

綱引きのように引っ張り合って関節を縛ってしまっているようになっています。

筋肉が引っ張りすぎていると、痛みが生じてしまいます。

筋肉が伸びなくて痛みが生じているという場合もあります。

 

このような、つれるような痛みは、筋肉を緩めると楽になるケースが多いです。

西岡治療院では、その場で筋肉の緊張を緩める活法という古来から伝わる手技を採用しています。
 
気になる痛みがある方、ご相談ください。