ホーム>ブログ>治療のこと>腰の中心部の痛みや脊柱の関節痛の緩和
治療のこと

腰の中心部の痛みや脊柱の関節痛の緩和

  • 腰の中心部の痛み

  • 脊柱の関節痛

  • 背中から腰へとかわるところ(腰椎第1部)からウエストラインまでの
    腰の筋肉の重だるい痛み鈍痛)または鋭い痛み
腰の痛み

 西岡治療院では、腰の痛みに関するご相談を受けることが多いです。

たとえば、寝返りや前屈み(まえかがみ)や腰を後ろにそるなどで、

アタタタッbearingとなるような痛みがあるという患者様が来院されることがあります。

また、左右のお尻に挟まれた中央の硬い部分の骨(仙骨)と、腰骨(腸骨)のくっつくところや、

お尻の真ん中の内側部分の痛みのように、ウエストラインから下の範囲での痛みがあって、  

座ったり、歩いたりすると痛いという患者様もいらっしゃいます。

 

こういったケースでは、痛みの原因とされる筋肉の緊張を緩めることで、

痛みの緩和confidentがみられます。
 
 

筋肉は関節を動かすためについているものが大半で、

関節を跨いでいることが多いのですが、

綱引きのように引っ張り合って関節を縛ってしまっているようになっています。

筋肉が引っ張りすぎていると、痛みが生じてしまいます。

筋肉が伸びなくて痛みが生じているという場合もあります。

 

このような、つれるような痛みは、筋肉を緩めると楽になるケースが多いです。

西岡治療院では、その場で筋肉の緊張を緩める活法という古来から伝わる手技を採用しています。
 
気になる痛みがある方、ご相談ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nishioka-chiryoin.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/124