ホーム>ブログ>治療のこと>リウマチでは関節に負担をかけないようにします
治療のこと

リウマチでは関節に負担をかけないようにします

リウマチ

リウマチを抱える方の場合、少しの動作で痛みや熱感が出てしまい、とてもつらい症状と対面することがしばしばあります。

また、よく寝られないこともあります。

私が担当している患者さんは、医療機関でのリウマチに対する治療を継続しながら、西岡治療院でのケアを受けていらっしゃいます。

リウマチのケースの場合、外来よりも往診でのご依頼が多いです。

ご自宅や介護施設に往診させていただいています。

関節を動かした時にギシギシという音とともに痛みを発してしまうという症状の場合、車椅子からベッドへの移乗の時や、体位変換の時に関節に負担をかけないようにすることが求められます。

リウマチの場合の施術ですが、肩関節の場合にはローテーターカフといわれる肩甲骨から上腕部の肩寄りのところに筋肉や、広背筋、腹筋に対して持続的な刺激を続けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nishioka-chiryoin.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129