ホーム>ブログ

ブログ

丹沢に行ってきました

丹沢.JPG
シカ.JPG

ブログの更新の間があいてしまいました。

院長の西岡です。

10月末に丹沢へ初めての山登りに行ってきました!

ボクシングジムの仲間で、写真が趣味の人に誘われて、初の登山、比較的ハイペースだったと思います。下りでは膝がガクガクになってしまいましたが楽しかったです。

野生のシカにも会えました。これから寒さが本格化しますが、シカはどこで過ごすんでしょうね。

山登り後にはお風呂で汗を流して気持ちよかったです。また行きたいと思ってます。

急に冷えてきました

冷たい雨が降って、秋が深まっているのを感じます。

急に冷えてきましたね。みなさんのお宅では、暖房はいれていますか?そろそろ暖房がほしくなってきました。

先日、掛布団を洗濯したら、なかなか乾かなくて、まだ冬用の掛布団を使うことができていません・・・

治療中に温かくしてほしいといったご要望がありましたら、ご遠慮なくおっしゃってください。

気軽にご予約ください。

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

 

新しいびわの葉エキスができました

先日仕込んだびわの葉エキスがいい具合にできあがりました。「無水エタノールと精製水」にびわの葉をつけて、エキスを抽出します。

もともとは透明の液体にびわの葉からエキスが抽出されて、鮮やかな緑色になります。

びわの葉エキスの写真
びわの葉が入っているボトルから保存用のボトルへうつしている様子の写真です。葉や不純物が入らないよう、さらしを使ってろ過しています。
添加物は何も入れていませんので、この緑色はびわの葉の色です。保存料も入っていないので、酸化してしまう前に使いきれるよう、毎回少しずつ作るようにしています。
これから寒い時期になりますので、温熱療法で身体を温めてみてはいかがでしょうか。

+++

関連記事

びわの葉温熱療法とは

【温熱療法】自家製のびわの葉エキスの作成過程について

気軽にご予約ください。

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

気圧の変化と体調への影響

台風の影響で雨の日曜日です。

今日は治療院はお休みですが、明日の朝は通勤時間に台風が直撃する可能性があるようです・・・

被害が大きくなりませんように。

台風が近づいてくると気圧の変化で頭痛がしたり、体調が悪くなったりする方も多いと思います。

気圧の変化が大きいと、自律神経への影響があるために、体調が悪くなると考えられます。

すぐに解決というのは難しいですが、天候の変化が見られそうな時には、とくに睡眠時間や栄養バランスに気を付けて、身体への負担を減らした方が影響が少なくなります。

現代人には難しいかもしれませんが、「晴耕雨読」の生活は体調の維持にも一利あります。

「お天気が悪いから体調悪くてもしかたないかな」という感じに、のんびり構えてみるのもストレス軽減になるかもしれませんね。

+++

関連記事

自律神経失調症の原因は?

藤沢市民まつりにいきました

秋晴れの気持ち良い週末です。
藤沢駅の方に出掛けたのですが、ちょうど市民まつりを開催していたので、みてきました。
お神輿や屋台などがあり、たくさんの人出でした。

藤沢駅の北口をおりたところで、大道芸のさるまわしをしてました。はじまるまで少し待って、みてきました。
逆立ちやジャンプなど、間近で見られて楽しかったです。

2014928143717.JPG

脳血管障害の方の廃用性症候群予防について

脳血管障害とは、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血に代表される脳の病気の総称です。脳卒中と言われることもあります。脳内の動脈がつまったり、破れたりすることで、血液が流れなくなり、脳に障害が発生してしまいます。

脳血管障害では、手足の麻痺(マヒ)や、言語障害、運動障害などが後遺症として残るケースも多いです。

高血圧、糖尿病、高脂血症などが原因となることがありますので、これらを予防する食生活を心掛けることも必要です。タンパク質やビタミン、ミネラルをしっかりと摂取して、栄養バランスを維持していきましょう。血栓の予防には納豆に含まれるナットウキナーゼも役立つそうです。納豆にはタンパク質も含まれているので一石二鳥ですね。

脳血管障害で麻痺や運動障害がある場合は、動かずにいると「廃用性症候群」(はいようせいしょうこうぐん)といって、使わない筋肉がおとろえたり、関節がかたくなってしまったりすることがあります。

定期的にリハビリを行って「廃用性症候群」を予防することは、寝たきり予防にもつながります。

麻痺や運動障害があると、自分で動かすのが難しい場合が多いので、他動運動(ほかの人に動かしてもらって運動すること)をすることが必要です。少しでも手が動かしたりできる場合には、手をグーパーしたりするなど、できる範囲の運動を毎日続けることが大切です。

西岡治療院では、外出が困難な方について、往診で継続した治療をご希望の場合にも対応可能です。(医師の同意が必要なため、詳細はご相談ください)

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

ぎっくり腰の治療について

今日は西岡治療院でのぎっくり腰の治療についてご紹介します。

ぎっくり腰は大きく3つにわけられます。

  1. 筋筋膜性腰痛
  2. 椎間関節のねんざ
  3. 仙腸関節のねんざ

自覚症状では、痛みの部位がわかりにくいケースもありますが、西岡治療院で施術をする際は、痛みの部位を見極めて施術をいたします。

筋筋膜性腰痛の場合には、関連する筋肉や下肢の筋膜の緊張を緩めて、負担を減らして痛みを軽減させます。鍼灸と運動療法を組み合わせた施術がメインになります。

椎間関節や仙腸関節のねんざの場合には、ねんざをしている関節の緊張をゆるめる施術を行います。運動療法がメインの施術となります。

ぎっくり腰には安静が必要なケースもありますので、お身体の状態をみながら、施術やご家庭での過ごし方のご提案をいたします。

痛みがひどくて外出が難しい場合には往診も可能ですので、ご相談ください。

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

パーキンソン病の方の治療

パーキンソン病の特徴的な症状は、振戦(手や足のふるえ)、無動(動きが遅くなる)、固縮(筋肉がかたくなってこわばる、関節の曲げ伸ばしに抵抗がある)、姿勢反射異常(身体のバランスが悪くなる)などです。

パーキンソン病では、身体の動きが徐々に不自由になっていきます。何もせずにいるよりは、日々の生活のなかに毎日できる運動を取り入れることで、より快適な生活を送ることができます。ただし、運動を行う場合には翌日に疲れが残らない程度にしましょう。運動のし過ぎによる疲れは、転倒などの事故を招く可能性があります。

今日は、西岡治療院で行っているパーキンソン病の方への施術例をご紹介します。

筋肉の緊張をやわらげる

パーキンソン病の場合、筋肉がかたくなってこわばってしまいます。一見、動きが遅く見えるときもありますが、筋肉は速く収縮していて、動きにくい状態になっています。リラックスしようとしても、うまく身体の力を抜けないケースがみられます。また、首などは特にかたくなりやすく、首の筋肉をほぐすことは肩こりにもつながります。

鍼灸・運動療法の組み合わせで、筋肉の緊張をやわらげて、リラックスしているときの筋肉の状態を改善させます。

便秘の解消

パーキンソン病には限りませんが、疾病を抱える方は運動量が減少し、便秘しやすくなります。動きが少なくなることに加え、おなかの筋肉がかたくなってしまうことにも原因があると考えられます。

おなかの緊張をやわらげて、お通じが促進できるような施術を取り入れています。施術中に腸の動きが活発になって、グルグルとおなかの音が出てくる方もいらっしゃいます。(おなかの音がするのは恥ずかしいことではありません!腸が動いているという証拠で嬉しいことです)

気分転換もしましょう

病気を抱えていると、どうしても病気のことを考えてしまいがちですが、可能な範囲で外出して、家の中とは違った刺激を得ることも大切です。

西岡治療院では、施術のみではなく、お話することやゆったりしたスペースで過ごしていただくことで、気分転換の場を提供できればと考えています。

気軽にご連絡・ご予約ください。外出が難しい場合には往診も可能です。

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

風邪は早めに対処しましょう

9月に入って気温差が激しいためか、風邪をひいている方が多いようです。ノドを痛めたり、咳が出たり、風邪の症状があると気分も落ち着かないですよね。

早めになおすにはやはり栄養と睡眠が大事です。だるい時にはしっかりと休養しましょう。

鍼灸も体調を整えるのに一役買ってくれます。症状によって、だるさの解消や呼吸を整える・鼻の通りをよくするなど、対応内容は患者様の様子を拝見しながら決めていくことになります。

気になる症状は、施術の際にお伝えください。

気軽にご連絡・ご予約ください。痛みが強く外出が難しい場合には往診も可能です。

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

 

季節の変わり目は体調のかわりどき

昨夜、外を歩いていたら、鈴虫などの秋の虫の声が聞こえました。
昼間はセミの声がまだ聞こえますが、みんみん蝉が少なくなって、つくつくぼうしの声が聞こえてきます。

少しずつ、涼しい風が吹くようになってきました。
季節の変わり目は体調のかわりどきです。変化に対応するために、体力を消耗するので、無理しないようにしましょう。