ホーム>ブログ>治療のこと

治療のこと

鍼灸治療の鍼について気になることに答えます

鍼の治療を受けたことがないという方とお話をすると、「コワイ」というイメージを持っている方が多いようです。今日は、鍼について、よく聞かれることについて書きます。

どんな鍼を使っているの?

鍼のサムネイル画像

施術に使われる鍼ですが、主に太さ0.12から0.22mmのものを使う事が多く、長さは3cm程度から6cm程度の鍼を使っています。

鍼の先端には特徴があって、松葉型・卵型・丸ノゲ型・麦央型といった種類があり、場合により使い分けがされます。顔面や指先などのデリケートな部位の場合と、あえて刺激を与えたい臀部の場合では、使用する先端が違ってきます。

先端の形によって、切皮(鍼をツボに到達させる際に、一番最初に皮膚を貫通させる手技)の時に、皮膚に痛覚ストレスをあたえないで体内に進入させるかどうかがかわってきます。 

鍼の先端はシリコンでコーティングされているものと、されていないものがあります。シリコンでコーティングされているものは、滑らかでツボにスムーズに到達します。一方、コーティングされていないものは、ツボへの到達の際にやや抵抗がありますが、身体の内部の情報や状況が鍼を通して施術者の手に伝わりやすいです。

どちらにもメリットとデメリットがありますので、患者さんのの体調や性質によって 、どの鍼を使用するかを選ぶのが技量を試されるところでもあります。

写真は西岡治療院で使われている鍼の一部です。使い捨ての鍼を使っているので衛生的です。

どうやってツボにピンポイントで入れるの?

鍼治療の様子

鍼で切皮するときに、鍼を安定させる筒があります。切皮するときにトントンと叩くので、 この後は「トントン」と省略して書きます。

この安定させるための筒は鍼管と呼ばれていて、それを使う「トントン」のことを管鍼法と呼びます。

昔の偉大な先生が考案したものなのですが、おかげで劇的にトントンが楽になりました!この先生は日本人で、江ノ島にお墓がある、杉山先生という方です。考案されたのはなんと1600年代のことです。

時が進み、現在は色々な形(五角形とか六角形など)で、持ちやすさや安定感が異なる筒が使われるようになっています。いまはお箸でも色々な形があって、持ちやすさが違い、好みが分かれますよね。

筒は、太さによってトントンの位置がずれます。スポーツ吹き矢のように、矢と筒のお互いの太さが絶妙です。

「吹くだけで、安定した状態で、まっすぐとぶ」といった感じで、トントンの筒も鍼にあわせたものが大切です。

「ツボに正確に標準が定められる」

鍼師は(この言い方はどうかと思いますが)スナイパーなのです!

的を外さないことに神経を研ぎ澄まします。

こうした道具があり、正確に鍼をトントンして、ツボに正確に鍼を入れることができます。

リウマチでは関節に負担をかけないようにします

リウマチ

リウマチを抱える方の場合、少しの動作で痛みや熱感が出てしまい、とてもつらい症状と対面することがしばしばあります。

また、よく寝られないこともあります。

私が担当している患者さんは、医療機関でのリウマチに対する治療を継続しながら、西岡治療院でのケアを受けていらっしゃいます。

リウマチのケースの場合、外来よりも往診でのご依頼が多いです。

ご自宅や介護施設に往診させていただいています。

関節を動かした時にギシギシという音とともに痛みを発してしまうという症状の場合、車椅子からベッドへの移乗の時や、体位変換の時に関節に負担をかけないようにすることが求められます。

リウマチの場合の施術ですが、肩関節の場合にはローテーターカフといわれる肩甲骨から上腕部の肩寄りのところに筋肉や、広背筋、腹筋に対して持続的な刺激を続けます。

寝違えで首が動かしにくい場合の施術

寝違い

寝違い(寝違え)やしつこい肩こりの痛みがあるとき、ついつい、痛みのある場所をほぐしてもらったり、そこに鍼灸の施術を受けたくなったりしがちです。

しかし、痛みのある場所に施術を受ければ改善するとは限りません。

寝違えで首が動きにくい場合ですが、前後の屈曲(曲げ伸ばし動作)、側屈(横に曲げる動作)、回旋(左右に振り向く動作)など、どういったときに痛みが出るかはケースによって異なります。

どの筋肉が障害されているかによって、痛みが出る動作がかわってきます。

僧帽筋

筋肉に痛みが出ると、可動域の制限が出てしまいます。

可動域の制限の種類、すなわち、どこが動かしにくいかによって、施術のアプローチの仕方は変わってきます。

僧帽筋(そうぼうきん)や菱形筋(りょうけいきん)など、首を支える筋肉は肩甲骨に付着しています。(左の図は僧帽筋です)

首と肩甲骨はまさに密接関係といえます。  

ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)といわれる筋肉は、肩甲骨から始まって、上腕部の肩寄りのところにくっついています。

このローテーターカフといわれる部分、要は肩甲骨周りを緩めていかないと、ほかの筋肉が緩むことができません。

そのため、ローテーターカフの緊張を緩和することが、首や肩の痛みの軽減に必須だと考えています。

首の可動域の制限と肩・首の痛み

可動域の制限とは?

首の痛み
肩や首の痛み背中の張りがあるといった場合、
ほとんどのケースで可動域の制限がみられます。

可動域とは、身体の各関節が無理なく運動することができる範囲(角度)のことです。

たとえば、腕をあげたり、顔を横に向けたりするときに
痛みが走って制限がかかってしまうというのが、可動域の制限です。
 
 
 
原因としては、頚椎ヘルニアやストレートネックなど、頚椎の状態に起因する痛みが多いです。

特にここ10年くらいは、首の可動域の制限による痛みを訴える患者さんが多いです。 

パソコンやスマートホンの長時間利用といった生活スタイルの変化も影響しているものと考えられます。

 

筋肉の緊張の偏りを整えることからはじめます

西岡治療院では、頚椎の矯正をすることを第一の目標とするのではなく、
頚椎を支える筋肉の緊張の偏りを整えることからはじめます。
 
筋肉の緊張の偏りを整えたあと、頚椎に柔軟性をあたえて、
痛みによる可動域制限を改善していきます。
 
これにより、指先の痺れや冷感の緩和にもつながります。
 
痛かった動作がその場で改善できることを目標に、施術をおこなっています。

骨盤の仙腸関節を調整したら肩こり、頭痛が改善?

筋肉は協力調整しています

目薬をさす時の絵

目薬をさすときに、目を大きく開くと口もあいてしまう、ということがありませんか?

目を開く筋肉と、口の開く筋肉は直接はつながっていないのですが、協力調整しあっています。

そのため、目を開く筋肉を動かそうとすると、口を開く筋肉も一緒に動いてしまうことがあります。

このように、筋肉はバランスをとりながら、調整しています。

仙腸関節のバランスが肩こりや頭痛の原因?

骨盤は、大きくわけると、仙骨・腸骨・坐骨・恥骨で形成されています。

仙骨と腰骨(腸骨)の関節を仙腸関節といいます。

骨盤は、膀胱(ぼうこう)や子宮などの大切な臓器のうつわになっていて、
上半身と下半身のバランスを調整する場所でもあります。

その骨盤のなかで調整する役割を担っているのが、仙腸関節です。 

つい、20~30年前は、仙腸関節は動かない関節と言われていたことがあります。
しかし実際はほんの少し動くことで上半身と下半身のバランスを調整しています。
 
この調整がうまくいかずに、調整しきれなかったときに、腰の周囲に痛みが出ることがあります。
 
しかしこの調整がうまくいかなかったときの影響は、実は腰だけではなく、
肩の痛みや頭痛としてあらわれることがあります。
 
筋肉がバランスをとろうと調整するために、腰の筋肉だけでなく、
肩や頭にまで影響が出てしまうのです。
 
そのため、仙腸関節に施術をすることで、肩の痛みや頭痛などの改善につながることがあります。

腰の中心部の痛みや脊柱の関節痛の緩和

  • 腰の中心部の痛み

  • 脊柱の関節痛

  • 背中から腰へとかわるところ(腰椎第1部)からウエストラインまでの
    腰の筋肉の重だるい痛み鈍痛)または鋭い痛み
腰の痛み

 西岡治療院では、腰の痛みに関するご相談を受けることが多いです。

たとえば、寝返りや前屈み(まえかがみ)や腰を後ろにそるなどで、

アタタタッbearingとなるような痛みがあるという患者様が来院されることがあります。

また、左右のお尻に挟まれた中央の硬い部分の骨(仙骨)と、腰骨(腸骨)のくっつくところや、

お尻の真ん中の内側部分の痛みのように、ウエストラインから下の範囲での痛みがあって、  

座ったり、歩いたりすると痛いという患者様もいらっしゃいます。

 

こういったケースでは、痛みの原因とされる筋肉の緊張を緩めることで、

痛みの緩和confidentがみられます。
 
 

筋肉は関節を動かすためについているものが大半で、

関節を跨いでいることが多いのですが、

綱引きのように引っ張り合って関節を縛ってしまっているようになっています。

筋肉が引っ張りすぎていると、痛みが生じてしまいます。

筋肉が伸びなくて痛みが生じているという場合もあります。

 

このような、つれるような痛みは、筋肉を緩めると楽になるケースが多いです。

西岡治療院では、その場で筋肉の緊張を緩める活法という古来から伝わる手技を採用しています。
 
気になる痛みがある方、ご相談ください。

ぎっくり腰の痛みには・・

3月から4月への年度の切り替えのタイミングは、気温の変化が大きく、体調を崩しやすいです。

桜の花も咲き始めて、今週末はお花見もできそうですね!春で、浮かれて飲みすぎないようにしたいです(笑)

春といえば引っ越しシーズンですが、重い荷物を運んだり、いつもよりも動いたりすることで、ぎっくり腰の方が増えてしまいます。

西岡治療院でのぎっくり腰に対する施術では、まずは動ける状態をつくるために、痛みの軽減を目標としています。
 
ぎっくり腰は、椎間関節捻挫、筋筋膜性腰痛、仙腸関節捻挫という大きく3つに分類されますが、負担がかかっている筋肉の緊張を緩めていきます。
 
痛みが強くて外出しにくい場合には往診も可能ですので、ご相談ください。
 

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診・訪問)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

駐車場あります。 

夏もあとわずか、疲れの解消は今のうちに

お盆休み明けの今日の藤沢は、雨と突風という大変なお天気でした。

藤沢で竜巻が起きて、停電した場所があったり、ケガをされた方がいたとのニュースを見ました。被害が大きくないことを願っています。

夏休みをとった方は、普段と違ったことに挑戦して疲れが出ていませんか? (お休みなく働かれている方、お疲れさまです)

夏の疲れは、涼しくなってきたころに突然出てくることがあります。

筋肉痛などははやめに対処することで、後々の疲労度が軽減されるので、疲れの解消は今のうちに行うことをオススメします。

西岡治療院では、気軽に受けられる「部分ケア」と、痛みが強い場合や全身をケアしたい場合の「トータルケア」をご用意しています。

詳細はこちら→→ 症状に応じて、施術を行います。

痛みの他にも、だるさや不快感など、気になる症状についてご相談ください。
痛みが強く、外出が難しい場合は往診も可能です。
 

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診・訪問)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

施術中にお腹が鳴るのはよい反応です

施術をしていると、患者様のお腹がぐーっと鳴ることがあります。

恥ずかしい、と感じるかもしれませんが、身体がよい反応をしている証拠です。

お腹が鳴るのは、副交感神経の働きが活発になり、リラックスできているからです。

緊張している時や活発に動いている時は交感神経が働いていますが、休息したり、リラックスしたりすると副交感神経が働きます。

施術中にお腹が鳴った時は、よい反応をしているなぁと感じてください。

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診・訪問)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。

東洋医学「気の働き」について

気の種類には「元気」「宗気(そうき)」「営気」「衛気(えき)」の4つがあると言われています。

元気

全身に存在し、すべての組織の機能をつかさどる働きがあります。

宗気(そうき)

呼吸と深いつながりがあり、呼吸並びに地の循環を推進する働きがあります。

営気

脈管内に存在して、血をおし動かし、各組織へ栄養を運ぶ働きがあります。

衛気(えき)

邪気の侵入防止や駆逐をしてくれる働きがあります。体内や皮膚の表面まで幅広く存在し、内臓を温めてくれる働きがあります。

この4つの気が身体を運営し、守ってくれるとされています。しかし西岡治療院ではもうひとつ、「活気」があると考えています。

活気

活動することによって生まれる、つまり、運動すること、動くことにより4つの気に活を入れることができる気です。

当院では4つの気を整え、関節のひずみを矯正し、回復を促し、患者様自身の身体が治るよう仕向けます。なので、私たちが治した、とか、治すという考え方ではありません。

身体を整えた上で、運動でもウォーキングでもよいので、活動してもらうというのが西岡治療院の考えです。

家族の絵illustration by フリーメディカルイラスト図鑑

西岡治療院(藤沢市のはり・きゅうマッサージ、往診・訪問)

藤沢市大鋸2‐2‐22 青木ビル1階B号室

0120-857-522

店舗前に駐車スペースがあります。