ホーム>ギックリ腰

ギックリ腰

ギックリ腰はまず動ける状態へ

誰でも身体は左右対象ではなく、アンバランスな状態です。利き手を使った日々の動作や、リビングでテレビをみる方向など、さまざまな要素によって、左右非対称な状態が生み出されますが、そのなかで上手く身体を使いながら生活しています。

施術のさいは、左右の対象性よりも、いかに動けるかを重視します。導引という技術を用いて、筋の緊張を瞬間的に緩和させることで、即効性を目的とした施術を当院では行います。
腰が痛い場合、その痛む場所が悪いのではなく、痛みを発生させている筋肉は別の場所であることがよくあります。原因となる筋肉の緊張が取れないと痛みが改善しません。具体的な例では腹斜筋、梨状筋、腓腹筋の過度の緊張により腰痛を起こすことがあります。それらの筋にアプローチした施術により、ギックリ腰などの動けない状態を正常に動ける状態にしていきます。

原因を見極め、早期に対応

ぎっくり腰や寝違いなど、急な痛みの症状で外出が難しい方は、ご相談ください。

「重いものを持ったら腰が急に痛くなった」「くしゃみをしたら立ち上がるのもつらいほど腰が痛い」など、ギックリ腰のきっかけは人それぞれです。

関節が捻挫や圧迫骨折している状態から、ちょっとしたことがきっかけでギックリ腰になることもあります。

根本的な原因を見極め、早期に対処することが大切です。西岡治療院では、独自のチェック 方法を採用し、原因を突きとめ、個々に合った施術内容を提供します。痛みがあるさいは、症状が軽いうちにご来院ください。歩けないほどつらい痛みの場合には、往診も可能ですのでご相談ください。